ソフトバンク5Gについて今後の三大キャリアの影響やサービス展開とは

その他の比較一覧

大容量で、多接続、通信速度を短縮する今注目の第5世代移動通信サービス『ソフトバンク5g』4gと比べて『5g』は10gbps以上を超え、移動中の電車や人の多く集まる場所でもスムーズに、普段の生活にとどまらず社会全体の『IoT(”モノ”のインターネット)』を速くさせる。

『5g』になるとより速く大容量の送受信ができ、10gbps以上でスマホゲームや音楽・動画がより快適に楽しめる。多接続で、移動中の電車の中や人が混雑する繁華街でもスムーズにスマホ・携帯・タブレットの利用ができる。

5gに向けての導入されるネットワークサービス

Massive MIMO [マッシブマイモ]

通常ソフトバンクの4gLTE通信アンテナが8本、5gの「MassiveMIMO(マッシブマイモ)」は
最大128本のアンテナを増やすことで一歩通行だった電波をひとりひとりに割り当てること
でより速く大容量の通信が利用できる


Distributed MIMO [ディストリビューテッドマイモ]

複数局をひとつの基地局にすると、基地局が協調しながら複数の通信路を構築する
空間多重を実現各基地局で協調制御された複数の基地局からの電波を
利用することができ電波干渉による低速化を防ぐ


MultiUser MIMO[マルチユーザー マイモ]
UL MultiUser MIMO[アップリンクマルチユーザー マイモ]

Massive MIMOの技術の応用により、既存局からもひとりひとりに専用の最大4つ通信路を割り当てることが可能(ダウンロード通信 MultiUser MIMO)/(アップロード通信 UL MultiUser MIMO)


NB-IoT [エヌビーアイオーティー]

IoT(“モノ”のインターネット)のために生まれたLTEの新技術『NB=IoT』すでに全国に広がるソフトバンクのエリア展開で低コスト、低消費電力なため大量設置が可能です。

5gの変革をもたらす取り組み

VR・AR・MR
大容量のデータを高画質に、通信速度の遅れを短縮すれば
科学研究・医療・商品開発などに活用できる


ドローンでの運送・商品管理IoT
5gの複数の通信接続によってコントロール可能な台数やエリアが広がり、自然災害が起こった場所にも荷物が送れる活動が見込まれる。
それ以外でも商品の管理、お店の棚に並ぶ商品の在庫をリアルタイムに分かり、無人化の実現も期待されている。


自動運転
通信低遅延の短縮化で車を望む通りに自動で運転ができることでドライバー不足や過労運転の社会問題が5gの活躍により解決されていくことだろう。

3大キャリアと楽天モバイルの今後とサービス開始

国際標準の一部は2018年に商用サービス『5g』が規格が完了し2020年に商用化される。ソフトバンクを含めドコモ・KDDI・楽天モバイルは2020年3月ごろ商用サービスが開始!『5g』の料金についてはあまり変わらないとのこと

ドコモ
2020年春に5gの商用サービスを開始
ネットワークシステムの大容量化、低コスト、低消費電力で実現することを目標としている。


KDDI
大容量のモバイルサービスも含まれ2021年以降にはフル活用できる『5Gコア』も
導入される ドローン警備などの5gサービスを開始


楽天モバイル
自動運転、ドローンへの活用以外に光ファイバーにかわるフィックスドワイヤレスの提供もされる。5gの商用サービスを2019年10月開始する予定